業界動向

人気急上昇⤴TikTokから学ぶビジネス動画の活用法

世界150カ国以上で利用されている

TikTok(読み方はティクトック、という人とティックトックという人がいます。どちらが正解?笑)

動画を気軽に撮影し投稿できるサービスです。リアルな一般人の日常が垣間見れて、私もなんとなーく見てしまう。そして、見た後はちょっぴりホッコリした気持ちになる。それを求めてまた見てしまう。

なーーーんの情報もないんですケドね(^^;;

これまで基本的に、動画は見るものでしたがTikTokは〝ユーザーが動画を撮って投稿する〟という楽しみ方。

これ、福岡の伝統的なお祭り「博多どんたく」に似ています。博多どんたくも見るものじゃなく参加して楽しむもの。福岡県民は祭り好きなんですねー

話がそれましたが

この記事はこんな人にオススメ

集客でお悩みの方

動画を配信したいが何を配信していいか分からない方

TikTokから学ぶビジネス動画の活用法

どうしてTikTokが世界中でブレイクしたのか?それは投稿へのハードルが低いから

つまり気軽に投稿出来るからです。ココ、ポイント!

動画配信はハードルが高い、と思ってるあなた!まずは、その固定概念をぶっ壊しましょう

↓↓↓動画配信で集客に成功している会社

どちらも、それほど撮影や編集に時間をかけていないと思います。

自社の商品紹介や普段の仕事の様子を撮影して配信しているだけ。これくらいなら、撮影~配信までそれほど時間はかかりません。

“撮影や編集に時間をかけられない事”よりも“時間をかけることで配信数が減ったり、配信が遅くなる事”の方がリスクが高いんです!

今やTikTokのように、誰でも動画を配信する時代。

世の中に広めたい商品やサービスがあるなら、それを発信しない手はナイ!

 

まずは、動画を撮影してそれをSNSYouTubeなどでお客様に配信してみましょう!

それを続けることで、集客そしてブランディングへとつながるんです。

あわせて読みたい
時間が急増!動画に変えられるあなたの仕事「やりたい事は山ほどあるのに時間が足りない!」 とお悩みのあなたに伝えたい! あなたの時間を増やすために動画配信をはじめてみては...

テレビ放送が開始されたのは1950年。技研内にテレビ実験局を開設して毎週1日、3時間の定期的な実験電波を発射しはじめました。

映画やテレビが生まれ、コミュニケーションの主役は活字から映像へ―――

メディアの歴史で起きた「テキスト」「テキスト×絵」「映像」という進化の流れを踏まえると、インターネット上でも、最後は「映像」の部分が大きくなっていくんではないでしょうか。

やらずに後悔する前に!いまスグ出来るところからはじめてみませんか?