動画活用

動画編集が簡単な無料ソフト!誰でも操作できるおすすめソフトを紹介

動画編集と聞くと「お金がかかるし、なんとなく難しい」イメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

 

実際には、パソコンと編集ソフトがあれば誰でも動画を編集することができます。

とはいえ、編集ソフトは有料のものから無料のものまで様々。どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

 

そこで今回の記事では、動画編集を簡単にできる無料ソフトについてご紹介します。

あなたにぴったりなソフトを選んで、動画編集を始めてみましょう!

動画編集ソフトを選ぶ5つのコツ

動画編集ソフトを選ぶときは、

・基本的な機能が搭載されているか

・プロ級の動画編集をするか

・フォーマットに対応するか

・パソコンのスペックやOSに合うか

・安全性の高いか

などを意識しましょう。それぞれ詳しく解説します。

これから始めるなら基本的な機能が搭載されているか

これから動画の編集を始めるなら、基本的な機能が搭載されたソフトがおすすめです。

基本的な機能とは以下の3つ。

・カット:切り取り

・テロップ:字幕

・音入れ:BGMや効果音

 

この3つが使えるだけで、簡単な動画編集はできます。

逆に機能が多いソフトを選んでしまうと、操作が複雑で覚えることが多くなり挫折しやすいです。

 

基本的な機能なら、専門知識が必要なく直感的に使えるので、これから動画編集を始める方にもおすすめですよ。

プロ級の動画編集をするか

プロ級の動画編集をするなら、有料ソフトを選びましょう。

プロが使う編集技術は複雑ですが、使いこなすだけで映画やテレビと同等の動画を作ることが可能です。

 

とはいえ、いきなり有料ソフトを買うのはハードルが高いですよね。そこで体験版など無料で試せるソフトを使ってみましょう。

体験版を試すことで、自分が使いこなせるか判断できますよ。

 

有料ソフトは使いこなすまでに時間がかかりますが、本格的な編集をするのであればチェックしておきましょう。

フォーマットに対応するソフト

フォーマットに対応するソフトなのかをチェックしましょう。編集ソフトによっては、動画を編集できるデータの種類や書きだしフォーマットが違います。

 

たとえば、Youtubeにアップする場合。フォーマットは「MPEG4」「MP4」「AVI」などが必要です。

また、高画質の動画を編集するなら4K動画に対応するソフトが必要です。

 

せっかく編集したのにアップロードできなくては意味がありませんよね。

まずは、編集したい動画のフォーマットを事前に決めてからソフトを選ぶのがコツです。

パソコンのスペックやOSに合うソフト

実はとっても大事な情報!使っているパソコンのスペックやOSに合うソフトを選ぶと、編集の効率が上がりやすいです。

機能がたくさんあるソフトでも、OSが対応していなければ動画の編集ができません。

 

たとえば、「Windows」もしくは「Mac」のみに利用が制限されていないかチェックしましょう。

 

また動画の編集をするならスペックは、「Core i5以上」が一般的です。

使っているパソコンがCore i5以下であれば、すでにインストールされてい「Windows10フォト」や「iMovie」を利用しましょう。

 

パソコンのスペックが低い場合に性能が高いソフトを選んでしまうと、十分に使いこなすことができません。

パソコンのスペックやOSを事前にチェックして、編集してもフリーズしないソフトを選びましょう。

安全性の高いソフト

安全性の高いソフトであることが確認できるものを選びましょう。

 

有料ソフトはほぼ問題ありませんが、無料ソフトの場合はトラブルの原因になるものもあります。

そのため、信頼できるソフトをインストールしなくてはいけません。

 

もしインストールするか悩む場合は、利用者が多いソフトであるかをチェックする必要がありますよ。

おすすめの無料動画編集ソフト

おすすめの無料動画編集ソフトは

・AviUtl(エーブイアイユーティル)

・Filmora(フィモーラ) 無料体験版

・Avidemux(エーブイアイデマックス)

の3つです。

 

安全性が高く初心者でも簡単に動画を編集できるものばかり。それぞれ紹介しますね。

AviUtl(エーブイアイユーティル)

AviUtl(エーブイアイユーティル)は、拡張機能(プラグイン)に対応した動画編集ソフトです。

無料のソフトですが、プラグインを入れると編集する機能や取り扱えるデータが増えて性能が上がります。

ただし、プラグインを適用すると操作が難しくなるのも否めません。

またDVDに書き出すことができず、データとしてファイルに保存のみ対応しています。

AviUtl(エーブイアイユーティル)をダウンロード

Filmora(フィモーラ) 無料体験版

Filmora(フィモーラ)は、動画編集が初めての方でも直感的に操作できます。

動画や画像など取り扱えるデータが多いです。

またファイル保存はもちろん、DVDへの書き込みやYoutubeへの直接アップロードもできます。

Windows版はこちら

Mac版はこちら

Avidemux(エーブイアイデマックス)

Avidemux(エーブイアイデマックス)は、WindowsとMacとLinuxに対応しており、簡単かつシンプルに操作できるのが魅力です。

基本的な動画編集が可能で、豊富なフォーマットに対応しています。動作が軽いので、スペックを気にせず道入することが可能です。

Avidemux(エーブイアイデマックス)をダウンロード

これからの動画はスマホ型動画がおすすめ

これからの動画は、正方形のスマホ型動画が主流になることが予想されます。

今までの動画をスマホで見る場合、縦向きだと画面が小さいので横に向けて見なくてはいけませんでした。

 

そこで動画のサイズを正方形のスマホ型にすることで、縦向きのまま動画を見ることができます。その結果、従来の動画を縦向きのまま1.8倍の大きさで観せることが可能です。

 

スマホ型の動画は表示する面積が大きいので、お客さまの目に一瞬だけでも止まりやすくなります。

どんな動画かというと⤵

 

これから動画制作を考えているのであれば、スマホを縦向きのまま大きく観られるスマホ型で用意することをおすすめします。

動画編集は慣れれば簡単!まずは動画を編集する環境を整えよう!

今回の記事では、簡単に動画編集するソフトや選び方について紹介しました。

 

動画編集は、慣れるまでに時間がかかりますが慣れてしまえば簡単に操作することができます。

 

慣れてきたら有料ソフトに切り替えることで、動画編集の幅がグッと広がりますよ。

 

まずは、あなたのパソコンでも動画編集ができる環境を整えることからはじめてみましょう。