動画活用

動画編集を始めるならまず準備を!初心者におすすめのソフトや本を紹介

近年、YouTubeが流行っていますね。その影響からか、動画編集を始めようと考える人がだんだんと増えています。

 

自分で撮った動画を編集できたら、かっこいいですよね。周りから「すごい!」と絶賛されちゃったりして・・・(〃艸〃)

 

ただしなんの準備もせずに動画編集を始めてしまうと、挫折する方が多いことをご存知でしょうか。

 

そこで今回の記事では、これから動画編集を始める方が挫折しないための準備について詳しく解説します。

 

せっかくなら楽しみながら動画編集をしたいですよね。そのためにも、事前の準備をしっかりとしておきましょう。これから動画編集を始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

初心者でも動画編集に使うものは2つだけ

動画編集に必要なものは「パソコン」と「動画編集ソフト」の2つのみです。意外と少ないですよね。

 

実際には、パソコンの中に動画編集ソフトを入れるので、パソコンさえあれば編集を始めることができます。

 

実はスマホでも動画の編集は可能です。しかし、操作は楽なのですが加工できる幅が狭く、パソコンと比べると動画のクオリティが落ちやすいのが難点。

 

そのため、本格的に動画編集を始めるのであれば、パソコンで行うことをおすすめします。

 

また、動画編集ソフトは有料のものと無料のものがあります。違いは加工できる幅や処理の速さなどが挙げられますね。ソフトによってもことなりますが、有料ソフトの方が利用者が多いため、ネットで情報を探しやすいです。

 

有料ソフトは性能が良いといっても、できれば無料のソフトで編集を経験してみたいと思いませんか?

 

そこで、次は動画を「無料で編集できるソフト」をご紹介します。

無料で使えるおすすめの動画編集ソフト4選

無料で使えるおすすめの動画編集ソフトは、

Premiere Pro(プレミアプロ)

・Filmora(フィモーラ)

AviUtl(エーブイアイユーティル)

iMovie(アイムービー)

の4つです。それぞれの特徴をご紹介します。

Premiere Pro(プレミアプロ)

Premiere Pro(プレミアプロ)は、Adobe社の動画編集ソフト。同社の製品であるPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)などと連動できます。そのため、画像やイラスト、エフェクトなどを読み込みやすいです。

福岡のテレビ番組制作会社や動画映像制作会社でも使われています。

高性能ですが覚えることが多いので、慣れるまでに時間がかかることがあります。また利用するには有料ライセンスが必要になりますが、1ヶ月であれば無料で使えるので安心ですよ。

Filmora(フィモーラ)

Filmora(フィモーラ)は、動画編集が初めての方でも直感的に操作できます。動画や画像など取り扱えるデータが多いです。またファイル保存はもちろん、DVDへの書き込みやYoutubeへの直接アップロードもできます。

Windows版はこちら

Mac版はこちら

AviUtl(エーブイアイユーティル)

AviUtl(エーブイアイユーティル)は、拡張機能(プラグイン)に対応した動画編集ソフトです。無料のソフトですが、プラグインを入れると編集する機能や取り扱えるデータが増えて性能が上がります。ただし、プラグインを適用すると操作が難しくなるのも否めません。またDVDに書き出すことができず、データとしてファイルに保存のみ対応しています。

AviUtl(エーブイアイユーティル)をダウンロード

iMovie(アイムービー)

iMovie(アイムービー)は、MacのPCに純正アプリとして入っているソフトです。完成した動画のクオリティがとても高く、難しい技術はそこまで必要ありません。ただし、Windowsでは使うことができないので注意しましょう。

iMovie(アイムービー)をダウンロード

動画編集の参考になるおすすめ本2冊

実際にソフトごとに参考書があります。ソフトごとの参考性は

・Premiere Pro:知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応

・Filmora:なし

・AviUtl:AviUtl 動画編集 実践ガイドブック

・iMovie:今すぐ使えるかんたん iMovie

になります。

 

これらと合わせて以下の本を参考にすると、より動画編集について理解を深めやすくなるのでおすすめですよ。

・事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック

・ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書

それぞれ紹介しますね。

事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック

事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブックは、短時間の動画を作る際の情報がまとめられた本です。動画で「なにを伝えるか」や「動画の撮り方」など、実務で活用しやすさ絞ってポイントごとに学ぶことができます。

ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書

ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書は、動画の撮影方法についてまとめた本です。動画を撮る基本について理解することができます。録画をするまでの「準備」について、誰でも簡単に実践できるよう詳しく説明しています。

動画編集を始めるなら事前の準備を!まずは編集に必須なものを用意しよう

今回の記事では、動画編集を始める前の準備についてご紹介しました。

 

動画の編集をいきなり始めると、わからないことが多すぎて挫折してしまう人がとても多いです。挫折してしまっては、動画編集の楽しさに気づくことができません。

 

それではもったいないですよね。挫折するまえに、しっかりと準備をしておきましょう。

 

事前準備で欠かせないのが「参考書」。あなたのパソコンに入っている編集ソフトに合わせて選んでみてください。

 

さらに動画の撮影方法についても理解しておくことで、クオリティの高い動画を作りやすくできますよ。

 

素敵な動画を作るためにも、まずはあなたに合った編集ソフトと参考書がどれかを把握することから始めるのをおすすめします。