動画活用

動画編集の基本の「き」!編集の流れや最低限の技術を詳しく解説!

動画編集を始めたいけど、まずはどんなことをすればいいの?と悩む方は少なくありません。

 

初めての動画編集は、何から手を付ければいいのかわからず、そのまま挫折してしまうことがあります。

 

そこで今回の記事では、動画編集の基本についてご紹介します。

 

これから動画編集を始める方の参考になれば幸いです。

動画編集の基本の「き」とは?

動画編集の基本は

・すでにコンテンツがないか

・動画である必要性があるのか

・動画の構成はどうするか

を確認することです。それぞれ詳しく解説します。

すでにコンテンツがないか

動画を作る際は、すでにコンテンツがないかをチェックしましょう。

すでにコンテンツがある場合、著作権の問題や類似の動画扱いされるので人気が出にくいです。

 

どこよりも早くかつ誰も作っていない動画を作ることで、注目を浴びて人気のあるものになります。

動画である必要性があるのか

わざわざ動画を作る必要があるのかチェックしましょう。Webメディアなどで代用でき、

わざわざ動きを付ける必要がないのであれば、時間やコストの無駄になってしまいます。

 

画像に動きがあるからこその動画です。動きを付けることで、どんなメリットがあるのかをはっきりさせましょう。

動画の構成はどうするか

動画の構成を決めることで、動画の流れや必要なシーンがはっきりします。

事前の準備をしっかり行うことで、動画の編集をしやすくしてクオリティの高いものを作ることが可能です。

動画編集に必要なものを準備する

動画編集に必要なものは、

・パソコン

・編集ソフト

・撮影機材

などです。

 

これから動画編集を始める方は、撮影機材については詳しくわかりませんよね。

撮影機材には一体どんな物が必要なのかを次で説明しますね。

カメラ

動画を撮るためのカメラが必要です。たとえば、

・ビデオカメラ

・一眼レフ

・デジタルカメラ

・スマートフォン

など、動画を撮れればなんでも大丈夫ですよ。とはいえ、解像度が高いもので撮影すると

映像をきれい残すことができます。

 

最近ではGoProなどの360度すべてを撮影できるアクションカメラも人気です。

アクションカメラの場合、持ちやすさやブレ補正などのチェックをしなくてはいけませんよ。

 

また空から撮るドローンも注目を集めています。ドローンは、性能よりも操作性が重要です。

ドローンで撮影をするのであれば、多少の操作経験が必要ですね。

三脚

カメラを固定する三脚が必要です。撮影の時点でブレブレだと編集するのも一苦労。

動画のクオリティに大きく影響します。無駄な修正を減らすためにも、カメラを固定してブレのない動画を撮りましょう。

マイク

動画撮影には、音声を拾うマイクが必要です。もちろん、カメラにマイクが付いてますがポイントを絞って音を拾えないため

音声と雑音のボリュームが同じなので聞き取りにくくなります。

音声を編集することもできますが、正直手間がかかりますし時間がもったいないです。

そこで音声を拾うマイクを用意することで、声に集中した音を残すことが可能です。

動画編集の基本的な流れ

動画編集の基本的な流れは、

・撮影

・編集

・アップロード

です。

 

まずは動画の構成を意識しながら撮影をします。

動画全体の流れを把握できると、「どんなシーンが必要なのか」「どんな演出をいれるか」などを考えつつカメラを回すことが可能です。

今すぐ出来る撮影テクニック⤵

 

その後、撮影した動画をパソコンに取り込み、編集ソフトを使ってエフェクトやBGMを追加しましょう。

動画編集において、不要な部分を消したりテロップを入れたりすると視聴者にとって飽きにくい動画になりますよ。

 

編集が終わった動画は、YouTubeもしくは指定のサービスにアップロードしないと誰にも見てもらえません。

アップロードすることではじめてネット検索に引っかかる対象になります。

動画編集における最低限の技術

動画編集における最低限の技術は、

カット:切り取り

テロップ:字幕

音入れ:BGMや効果音

の3つがあります。それぞれ説明します。

カット:無駄なところをカットする

カットは、無駄な部分を切り取ります。動画は長過ぎても短すぎても良くありません。

だいたい3分、長くても10分くらいがベストの長さです。

 

動画の編集中に「この部分はいらないかも…?」と感じるところがありますよね。

実はその部分は、視聴者にとって不快になるポイントなんです。

 

動画を観ていて不快に感じると離脱されてしまう可能性があります。無駄と感じる部分は、積極的にカットしましょう。

 

カットをうまく使うと、動画のテンポが良くなったり尺を合わせやすくなったりします。

今すぐ出来るカットを活かした動画編集テクニック⤵

テロップ:動画に字幕を入れる

テロップとは、動画に字幕のこと。テロップが入ると動画の内容がわかりやすくなります。

 

テロップのフォントや色は、雰囲気や状況に合わせて変更すると共感してもらいやすいです。

音入れ:BGMや効果音を入れる

音入れとは、BGMや効果音を入れること。音は特別な印象を与える効果があり、動画の雰囲気を盛り上げやすくします。

 

BGMや効果音は、途中で切ったり状況に合うものを使ったりなど、うまく使うことで動画のクオリティを上げることが可能です。

あわせて読みたい
動画編集の教室はどんなことする?詳細や講座内容について解説動画の編集は「どこから手を付ければいいの?「独学で始めても続かない…」」と悩むこと人がとても多いです。   いざ動画の編集に...

動画編集の基本は流れを覚えること!まずは実際に編集してみよう

今回は動画編集の基本について紹介しました。動画編集を始めるにも、どこから手を付けていいのかわかりませんよね。

 

操作方法がわからず挫折してしまう人はとても多いです。とはいえ、動画編集を続けるなら実際に手を動かして覚えるしかありません。

 

まずは動画編集ができる環境を整えて、実際に編集してみることをおすすめします。

環境を整えるには⤵

あわせて読みたい
動画編集におすすめのパソコンとは?価格や選び方について解説動画編集をしてみたいけど 持ってるパソコンで編集できるのか気になりますよね。 動画編集で鍵を握るのは「パソコンのスペック」で...