動画編集

編集で動画をかっこよくするには?初心者におすすめの編集方法を紹介

せっかく動画を編集するならかっこいいものを作りたい!そう考える人はとても多いです。

しかし、かっこいい動画にするにはどんな編集をすればいいのか悩んでしまいませんか?

 

そこで今回の記事では動画をかっこよくする編集方法についてご紹介します。

かっこいい動画を作って、周りのおどろく反応をみたいですよね。動画をかっこよくする編集の参考になれば幸いです。

動画をかっこよくする編集方法

かっこいい動画にするには、まずは基本の編集方法を知らなくてはいけません。たとえば、

・カットを入れる

・テロップを入れる

・音を入れる

・モーションを作る

・インパクトをだす

・感覚の印象を変える

などがあります。それぞれ説明します。

カット:無駄なところを切り取る

カットとは、無駄なところを切り取ることです。動画は、だらだら長いものは離脱されてしまいます。

離脱されると動画を最後まで見てもらえませんし、他の動画を見てもらうチャンスを逃す原因です。

 

動画の編集中に不要だと感じる部分は、視聴者にとって不快になるポイント。無駄だと感じる部分は、積極的にカットしましょう。

 

カットをうまく使えるようになると、動画のテンポが良くなったり尺を合わせやすくなったりします。

カット編集をうまく活用した動画テクニック⤵

テロップ:動画に字幕を入れる

テロップは、動画に字幕を入れて内容をわかりやすくすることです。

テロップのフォントや色は、雰囲気や状況に合わせて変更するとオリジナリティを出せますよ。

さらに文字を縁取りしたり影を付けたりすることで、わかりやすいテロップになります。

 

音入れ:BGMや効果音を入れる

音入れは、BGMや効果音を入れることです。音は特別な印象を与える効果があり、動画の雰囲気を盛り上げやすくします。

 

BGMや効果音は、途中で切ったり状況に合うものを使ったりなど

うまく使うことで動画のクオリティを上げることが可能です。

モーションを作る:早送りやスロー

モーションとは、動画を早送りしたりスロー再生したりして映像に動きをつけることです。

たとえば、「無駄だと感じるけど動画には必要かも」といった部分は、カットではなく早送りにしてみましょう。すると、リズム感を生み出せます。

 

早送りやスローは、動画にスピード感を出したいときやあえてじっくり見せたいときに使うと、クオリティが高いものをつくることができます。

インパクトをだす:複数台での撮影やズーム

インパクトを出すには、複数台のカメラで撮影するのがおすすめです。複数台で録画すると、表現力を上げやすくなります

 

たとえば、テレビ番組の場合。カメラを複数用意して、いろいろな角度で映しています。映像の角度が変わるだけでも、動画の単調さがなくなりますよね。

 

また、注目する部分をズームすれば動画が与える印象が変わるので、ぜひ使ってみてください!

いまスグできる動画撮影テクニック⤵

感覚の印象を変える:色味の変化

動画の色味を変えることで、視聴者に与える印象を変えてみましょう。

 

たとえば、

・怒る:赤色

・スベる:白黒

・悲しい:青色

・アダルト:ピンク色

など、状況とマッチした色にすることで、動画の印象を変えることが可能です。

 

色味を変えつつ映像をズームしたり揺らしたりすれば、よりクオリティの高い動画になりますよ!

動画編集スキルを上達させるなら他の動画を研究しよう

動画編集スキルを上達させるなら、他の動画にどのような加工がされているか研究しましょう。

 

あなたが知らない加工をしている動画を見つけたら、どのようなテクニックなのか確認してください。

 

その人が作った動画を徹底的に見るのもいいですが、実際に手を動かして同じ編集をするのもおすすめです。

 

動画編集を上達させるには、まずは手を動かして思い描いたイメージを反映させながら編集することが大切です。

今すぐ出来る動画編集テクニック⤵

かっこいい動画に編集するためにもまずは手を動かす

今回の記事では、動画編集をしてかっこいい動画の作り方についてご紹介しました。

 

動画編集は、たくさんの種類があるのですべてを覚えるのはむずかしいです。あなたが知らない加工方法もまだまだあるでしょう。

 

とはいえ、動画編集を上達させるならどんどん手を動かすのが一番の近道です。

まずは他の人が作る動画をチェックして、あなたが知らない加工方法がないかチェックしてください。

 

知らない加工方法を習得すれば、次第にクオリティの高い素敵な動画をつくることができますよ。

一緒に楽しくがんばりましょう♪